顔のうぶ毛を処理するメリット&正しい処理方法

顔のうぶ毛を処理するメリット

うぶ毛を処理するメリットは様々です。

くすみがなくなる

日本人のうぶ毛は髪の毛と同様黒いため、うぶ毛があると顔がくすんで見えます。
くすみのもとである角質や毛穴汚れも除去できるため、透明感が出てきます。

肌の明るさがアップ

顔を覆っていたうぶ毛がなくなることで、肌の明るさがアップ。
また、化粧水や乳液の浸透力も高まるため、健やかな肌へ整えられます。

メイクのりがよくなる

ファンデーションがうぶ毛に邪魔されないため、均一にフィットし時間がたってもムラが抑えられます。

正しい処理方法

うぶ毛を剃る前の準備

処理する場所はうぶ毛がよく見えるよう、明るく顔全体が見渡せる洗面台がいいでしょう。
処理をする前に顔をよく洗って汚れを落とし、うぶ毛を柔らかくします。蒸しタオルで顔全体を温めておくかお風呂上がりのケアをおすすめします。
カミソリを使うので、なるべく肌に負担をかけないようにシェービングクリームを剃りたい部分に塗っておきましょう。
シェービングクリームはうぶ毛の流れと逆の方向に塗ります。寝ていたうぶ毛が逆立ち剃りやすくなるからです。
顔全体に塗ると乾いてしまうので、剃る部分に塗ります。

カミソリの使い方

カミソリは鉛筆を持つように使います。うぶ毛の生えている方向に沿って上から下に動かすといいでしょう。
刃の角度は肌と平行になるようにします。垂直に当ててしまうと肌を傷つける恐れがあるため要注意です。
カミソリは切れ味が命。切れ味の悪くなったカミソリは何度も肌に当てることになるため、肌へのダメージが大きくなります。数回使ったら新しいものに交換しましょう。

うぶ毛の剃り方

髪の生え際から1cmほど残し、額の輪郭を剃っていきます。
輪郭を剃ったら、眉に向かって下に剃ります。この時も眉から1cmの範囲を残すようにしましょう。
ギリギリまで剃ってしまうと、眉毛まで剃ってしまいかねません。
頬は内側から外側に向かって剃っていくようにします。頬骨から下は上から下に向かって剃ってください。
鼻筋、小鼻は上から下へ。アゴも同様です。
皮膚を引っ張りながらだと剃りやすくなります。「張り手」というエステサロンでも使われるテクニックです。

剃り終わったら濡れたタオルで顔をきれいに拭きます。
化粧水や乳液、クリームを塗って保湿は忘れずに。

処理する手間を省くなら医療脱毛へ

カミソリを使った処理方法をお伝えしましたが、カミソリだときれいに剃れなかったり、顔に傷をつけたりする恐れがあります。
そこでおすすめなのが医療脱毛です。クリニックも色々あるので自分にあったプランを探してみてくださいね。
医療脱毛おすすめクリニックはどこ?全身・VIOの料金を比較!
レーザーを照射し、顔のうぶ毛を生えなくする永久脱毛効果が期待できるので、うぶ毛処理をする必要がなくなります。