飲み会翌日の対策にぴったり!目元のむくみ解消術

飲み会翌日でも目元がむくまない方法がある

夜遅くまで飲んだ翌日は、睡眠不足で目元がむくんでしまうということがあります。

仕事があったり出かけたりする時に、むくんだ目元で出かけるのはあまり気持ちの良いものではありません。

そこで、そのような日にもむくみを取り除くマッサージがあります。ここではむくみの原因とマッサージ方法を紹介していきますので、飲んだ翌日目元がむくんでいたら実践してみましょう。

目元のむくみの原因

目元のむくみには3つの原因があります。まずは、具体的な原因を知ってむくまないように努力することが重要です。

メイクの落とし忘れ

一つ目が、メイクをきちんと落とせていないという原因です。残業帰りや飲み会後は疲れていてきちんとメイクを落とせていなかったりメイクを落とさず寝てしまったりすることもあるものです。長時間メイクをした状態でいると目元には大きな負担がかかってしまい炎症が起きてむくむことがあるのです。

アルコール

二つ目は、アルコールを摂取しすぎて血管に含まれる水分が漏れ出たことが原因としてあります。飲みすぎると顔がむくむのもこれが原因であり、目元だけでなく顔全体がむくんでいるということも少なくありません。

睡眠不足

最後の三つ目は、先に挙げた通り睡眠不足もむくみの原因となります。睡眠不足になると血管にうまく酸素が行き渡らず体内に老廃物や毒素がたまりやすくなりむくみの原因となるのです。

目元のむくみを解消するマッサージ

目元のむくみを解消するには普段通りのスキンケアをしながらむくみとりのマッサージをしていきます。

まず、コットンにふき取り化粧水をたくさん染み込ませて下から上になぞるように動かして古い角質を取り除いていきます。次に普段しているケアをしていくのですが、化粧水、美容液、乳液、フェイスクリームの順番で塗っていき、しっかりと保湿ケアをしましょう。

保湿ケアが終わったら、今度は目頭の下から目尻の下に薬指を滑らせながら軽く押してマッサージをしていきます。この動きは5~6回ほど繰り返しましょう。

そのまま、まぶたの周りのマッサージを行います。目の凹みに沿って人差し指を滑らせて少し押し上げながら目頭の上から目尻の上までをマッサージします。最後に中指を使って同じ動作をしたらそのままこめかみに向かってリンパを流して終了です。

まぶた周りのマッサージを10回ほど繰り返したら、最後に顔全体をハンドプレスしてマッサージは全て終わりです。マッサージをした後は少し顔がすっきりしますし目元もむくみが取れています。

加齢によって影響が出やすくなる

若い時は、いくら飲んでも顔に出なかったという人も、年齢を重ねることによって翌日に響くことが多くなってきます。

これは、加齢によって血流が悪くなっていることに加え、肌細胞が減少することが原因です。とくに、肌細胞は健康的な肌を維持するのに不可欠で、多く備わっているほどむくみも起きにくくなっています。これらの理由により、年齢を重ねるほど目元のむくみが解消しにくくなるのも、仕方のないことなのです。

そこで現在は、人工的に細胞を培養する技術によって、人体の肌細胞を増加させるという肌の再生治療法が確立されています。現在は一般の病院で行われておらず、美容クリニックのみで施工されている医療技術で、費用も掛かりますが、日常生活において、顔への影響を少なくしたい人であれば、これらの医療技術を試してみるのもいいかもしれません。