綿棒一本で上級メイクに仕上げるコツ‐アイメイク

綿棒はメイクポーチに入れておきたい便利アイテム

メイク用の綿棒が販売されているほど、最近では綿棒を使ったメイク直しは定着しています。
少し滲んだアイラインや取れてきたマスカラといったものを取り除くのに便利で、メイク全体を直さなくてもピンポイントでメイクが直せてとても便利です。
ですからメイクポーチの中に小包装の綿棒を入れているという人も少なくありません。

この綿棒ですがメイク直しだけでなくメイクをする時にもとても役立つアイテムです。
プロのような上級メイクを作ることもできるので、自分のメイクがうまく決まらないと悩んでいる人はぜひ綿棒を使ったメイク方法をマスターしてみましょう。

綿棒でアイメイクを仕上げる方法

アイメイクの中でも特に難しいのがアイラインです。
目元の印象を大きく決めるものですが、アイラインを引くのがまっすぐに引けないとか目元の際に引けないとか、歪んでしまうとかといったトラブルも多いです。

そこで使いたいのが綿棒です。
綿棒を使うと今のトレンドであるタレ目のメイクも簡単に仕上げることができます。

タレ目メイクを作るには、ペンシルタイプのアイライナーを使っていきます。
コツとしては、綿棒でラインの目尻側を外側に向かってぼかしていくと、きれいなタレ目に仕上ります。
この時、ぼかす場所は大体2ミリメートルほどで十分です。

応用編としてタレ目の人が猫目に仕上げることもできます。
同じように目尻側を上の方にぼかしていくとタレ目から猫目に仕上げられます。
目元をぼかす時は、一般的な綿棒よりもさらに細いメイク用のものや先端が細い赤ちゃん用のものを使うと仕上がりが綺麗です。

パーティーメイクにも役立つテクニック

目元のメイクだけでなく、鼻筋を作ったりセクシーなリップを作ったりするのにも綿棒は効果的です。
まず、鼻が高くなるメイクをするにはペンシルタイプのアイブロウを使って好きな形に眉毛を描いていきます。
その後、仕上げとして綿棒で眉頭を鼻の根元に向かってぼかしていくと鼻筋が高くなって、メイク全体に立体感が出るのです。

リップも好みのリップで唇の中心にちょこんとリップカラーを置いたら少しのワセリンをなじませた綿棒で中心部分から外側に向かってリップカラーを伸ばしていきます。
こうするだけで普段のリップが大人っぽい艶のあるリップに仕上がります。

これらのメイクは手持ちのアイテムに綿棒を加えるだけでできるとても簡単なものです。
簡単でありながらも仕上がりがナチュラルに整形メイクのように変わるので、パーティーシーンではぜひ取り入れたいものです。