美容大国モロッコ発!美容テクニック

実は美容大国のモロッコ

モロッコは日本から距離もあるためにあまりその国のことを知らない国でもあります。
しかし、実は美容大国でありフェイスパックに使われる粘土のガスールやヘアカラーアイテムとして定番のヘナやアルガンオイルといったものはモロッコ産のものが多いです。
>>美容大国モロッコ♡綺麗になれるコスメ大全集 – NAVER まとめ

無添加なもので肌に優しいアイテムがモロッコにはとても多くあるのです。
そこで、ここでは美容大国であるモロッコ発の美容レシピを紹介していきます。

ガスールでのパック

泥を使ってのパックは世界のいろいろな場所でありますが、ガスールというモロッコで取れる泥のパックは美容効果がとても高いと言われています。
ミネラルが20パーセント以上含まれているので顔だけでなく全身に使うと毛穴の汚れが取り除けますし、くすみのない明るい肌に仕上げることができます。
その中でもガスールを使ったエイジングケアパックはとても効果が高いです。

パックをするにあたっては、ガスール30グラムに対してイチジクオイル大さじ2杯、シアバター小さじ2杯、精製水大さじ4杯を用意します。
シアバターとイチジクオイルを湯煎したら、そこにガスールと精製水を加えてパックの出来上がりです。
保湿力が高いシアバターとイチジクオイルを混ぜることによって汚れがしっかりと落ちた肌に潤いを補っていくことができます。

アルガンオイル

モロッコの特産品といえばアルガンオイルとはちみつです。
はちみつは昔から不老長寿の秘薬とされており、抗酸化力のとても高いものです。
はちみつにアルガンオイルを混ぜることで肌トラブルの予防効果があるだけでなく、シミシワ予防といったアンチエイジングにも高い効果を発揮してくれます。

はちみつとアルガンオイルの入った美容液を作るには、はちみつ大さじ5に対してアルガンオイル小さじ4から5、オレンジの花水小さじ3を用意します。
ボウルに全てを入れてよく混ぜるだけで完成です。
保管する際には直射日光の当たらない場所や冷蔵庫の中で保管をすることが望ましいです。

どちらのレシピも必要な材料はドラッグストアやバラエティショップに足を運べば一通り揃えることができます。
天然成分で作ったパックや美容液ですから肌にもよく、敏感肌という人でも使ってトラブルになることを避けられます。
健康的で若くて綺麗な肌を作るのにとても効果の高いものですから、毛穴の開きやシミシワ、たるみ、顔のくすみといったもので悩んでいるという人はぜひ挑戦してみましょう。