単色アイシャドウのメリットとメイクのコツ


引用画像:https://www.visee.jp/avant/eyes/single_eyecolor.html

アイシャドウは難しく考えなくて良い

アイシャドウといえば、重ね塗りをしたりグラデーションを作ったりといったことをする人が多いアイテムです。
しかし、今年はトレンドとして単色塗りをする人が増えています。

単色塗りだと今までグラデーションや重ね塗りが当然だった人には目元が寂しくなることやメイクの持ちが心配になることもあります。
しかし、単色塗りの方法をマスターすれば簡単に綺麗で長持ちするアイメイクを覚えることができるのです。

単色塗りで仕上げるメリット

アイシャドウを単色で仕上げることのメリットを考えるには、グラデーションを作るときに起きがちなトラブルを考えてみましょう。
重ね塗りをするとなれば、時間がかかりますし色を持ち変えるという面倒さもありますし、何よりもメイク直しのために大きめのアイシャドウパレットを持たなければなりません。
また、アイシャドウが取れやすく目元まで真っ黒になってしまったり全体的に濃くなってしまったりすることも多いです。

単色塗りにすればこれら全ての問題点が解消できます。
一色で目元を仕上げるために、派手になりにくいですし重ねていないことで落ちにくいですしメイク時間も短縮できます。
このように単色のアイシャドウで仕上げることはメリットだらけなのです。

アイシャドウの単色メイクを上手に仕上げるコツ

単色で仕上げるとなれば使う色が一つしかないので色選びが重要です。
失敗しにくいのはブラウン系やゴールド系で、これらの色は単色でも彫りが深く見えて自然と大きな目に見せてくれます。
なれてきたら色々なものに挑戦してみましょう。

単色で仕上げる時にはアイシャドウベースを必ず塗りましょう。
目元のくすみもカバーしてくれますしアイシャドウの発色をよくしたり色落ちを防いだりという効果があります。

ブラシにアイシャドウをとったらアイホール全体に塗っていきます。
この時チップで塗るよりもブラシの方が自然な仕上がりになってオススメです。
アイホール全体に塗った後、アイシャドウをチップにとってアイラインのように目のキワに入れたら完成です。

チップで最後にアイラインのようにしっかりと色をつけることで単色でもグラデーションメイクのように立体的な仕上がりにすることができます。
目の際に入れたアイシャドウは少しだけアイホール側に向かって伸ばすと仕上がりが綺麗です。

アイラインの作業は入れなくても問題はありません。
ただ、パッチリとした目元がいいという人はこの一手間を入れておくと目が大きく見える効果がありオススメです。