面長でも気にならない!面長に似合う髪型


引用画像:https://beauty.hotpepper.jp/doc/bn/071026kaogata/02.html

面長でも似合う髪型は色々とある

面長だとどうしても顔の長さがあるために髪型の選択肢が狭くなると思われがちです。
しかし、自分に似合う髪型は必ずあるものですし、髪の毛をうまく利用すれば顔のバランスを調整して小顔に見せることもできるものです。

そこでここでは面長の人でも似合う髪型はどのようなものがあるのかを紹介していきます。
今の髪型に満足できていない人やもっと似合う髪型を見つけたいと思っている人はこれを参考に自分に似合う髪型を見つけてみましょう。

面長の人でも似合う髪型

面長の人はどうしても顔が縦に長い印象ができてしまうため、髪の毛をどのようにすれば良いかわからなくなりがちです。
しかし、髪型と顔の形のバランスを取れば面長な印象を隠したヘアスタイルにすることができます。

ロングヘアを作る場合、顔の長さに対して横幅が狭く見えてしまうのをうまく解消することが重要です。
そのため髪の毛でサイドにボリュームを出すために巻いたりパーマをかけたりすると効果があります。
おでこが見えたりサイドをコンパクトにまとめたりすると面長が強調されるので、前髪を作ってボリュームを出すことが重要です。

ショートヘアも同様に顔の長さを分断するために前髪を長めにとります。
そしてサイドもふんわりとボリュームを出すことで顔周りに丸さが出るので面長の印象を消すことができます。
トップをすっきりとさせてしまうと縦長な印象がでますからうまくボリュームを出すようにしましょう。

面長でも似合うヘアアレンジ

ロングヘアにしていると、仕事中やパーティーといった場面ではヘアセットが必要となります。
その時にも面長がうまく隠せるヘアアレンジをしたいものです。

まとめ髪にするとどうしても縦長感が出てしまうので、うまくそれを消すことが重要になります。
そこで取り入れたいのが顔周りの編み込みです。
編み込みをすることで髪の毛をまとめつつもサイドにボリュームが出て丸いラインを作ることができます。

顔のラインを強調させないようにするためにはバックでまとめるのは避けるべきです。
サイドでまとめた方が丸みを出すことができます。
縦のラインを強調しないように後れ毛は残さずまとめ、なおかつサイドで編み込んで上の方で結んで髪の毛をダウンスタイルにして仕上げるとあまり縦のラインが目立たない仕上がりになります。

編み込みならば髪の毛がロングほど長くないミディアムヘアの人でも取り入れやすい髪型です。
できるようになっておくと色々な場面でアレンジが効かせられますからぜひ練習をしておきましょう。