30代からが本番!自信の持ち方

30代は自信を失いやすい時期

結婚や出産、キャリアアップなど様々な部分で変化の多い年代が30代です。
人によって結婚をして家庭に入ったり、結婚はせず仕事をこなしたり、子供がいたりいなかったりと生活している環境や属しているコミュニティがバラバラとなっていくために自分の立ち位置が正しいのか不安になったり自分に自信が持てなくなったりする女性は少なくありません。

今は楽しいけれどもこのままでいいのか、結婚したいけれども相手がいない、このまま主婦として家族に尽くして終わっていくのか、などその立場の人にしかわからない悩みも多いですし、こればかりは正解がないためにどれだけ悩んでも不安になるものです。
そこで、ここでは自信を持つために役立つポイントを紹介していきます。
外から自信を身につけることで、気持ちの持ち方が大きく変わります。

身につけているものも含めて全てが自分自身であること

今の自分に自信が持てないという時には、最も簡単ですぐに実践できるのが身につけているものを変えることです。
私たちは内面だけでなく外面まで含めた全てで自分というものを形成しています。
そのため、洋服や貴金属など自分が身につけているものを変えると中身が変わっていなくても自分が変わっているという心の変化を得ることができます。

いつもは履かない特別な日に履くと決めている靴を履いて外出すれば気持ちが引き締まるということも多いです。
これは身につけているものを変えて自信が出てくると表情や言葉にも変化が出てきて一時的なものではなく内面を変えていくきっかけにすることができるのです。

自分に自信の持てるアイテムを身につける

自分に自信の持てるアイテムを身につけるだけで気の持ち用が変わり、前向きに物事に取り組めるようになったりネガティブな感情が減ったりすることがあります。
だからと言ってハイブランドな洋服や時計、ジュエリーといったものを購入するのにはかなりのお金が必要です。
そのため、買いたい、身につけたいと思ってもなかなか手に入れられないというものも少なくありません。

大事なのは高いものをあれこれと買うことではありません。
自己効力を上げるためにできることから始めれば良いのです。

例えば、見えないところこそ気を使って今持っているリーズナブルな下着を処分して仕立ての良い高級な下着に変えるとそれだけでも自分がおしゃれに気をつけているという意識が持てますし、自然と背筋が伸びるようになったりおしゃれな下着に見合う人間になろうとダイエットや美容に力を入れるようになったりしてきます。
このように高いものをなんでもいいから買うのではなく、自信のない部分やネガティブな感情を持っている部分を高めることに役立つものに投資をすることが重要です。