ストレス軽減につなげる一週間の過ごし方

ストレス軽減につなげる一週間の過ごし方

日本人はストレスをためやすい

仕事をしている人の多くが仕事の中で色々とストレスを抱えているものです。
私たちはストレスがなくなってもストレスになると言われており、ほどほどのストレスが生活には必要と言われています。
しかし、ストレスが増えすぎると心身のバランスを崩す原因にもなってしまいます。

そこで、仕事をしている中で出てくるストレスをためずにうまくかわすことができたり、感じにくくしたりすることが必要です。
ここではストレスをためない生活が過ごせるようにするためのコツを紹介していきます。

睡眠の重要性

私たちの生活の中で睡眠というのはとても重要なものです。
質の高い睡眠をとると疲れが取れてウイークデーの仕事を頑張れるようになりますし、気持ちも前向きになることができます。
★★睡眠の効果と重要性 | 快適.Life

特にストレスは週末に向けて蓄積していきやすいものです。
そこで週末に向けての英気を養うため、疲れが出始める週の真ん中あたりからしっかりと睡眠をとっておくとストレスを感じにくくなる傾向があると言われています。

睡眠は長い時間とることも重要ですが質の高さも重要です。
寝る前にはリラックスできるようにストレッチやアロマの時間を設けたり、スマートフォンやテレビといった刺激の強いものを避けると質の高い睡眠が取れるようになります。

また体温が下がりすぎたり上がりすぎたりすると睡眠が浅くなりますので、温度調整しやすい布団選びも大切です。二枚合わせ仕様の羽毛布団なら、上の布団を半分だけ畳んだり、肩口だけ重ねたりといった細かい調整が行いやすいです。固定できるのでズレることもありませんし、使いやすいためおすすめです。

ストレスを軽減するための取り組みを見つける

ストレスを感じにくい人、あまり溜め込まない人の多くは自分なりのストレスを軽減させるための取り組みを見つけています。
ジムに通ったり、セルフケアを楽しんだり、音楽鑑賞をしたりと仕事をしている平日でも楽しめるものを見つけていることがほとんどです。

それに対してストレスを溜めやすい人は平日の仕事終わりの時間があまり上手に使えていません。
ストレス発散のためにしていることの多くが食事であり、この食事があまりストレス軽減に役立っていないのです。

低ストレスの人ほど平日の過ごし方が上手であり、日々の生活の中でやりたいことをしっかりとこなしている傾向が強いです。
自分の好きなこと、楽しめることに取り組んでいるからこそストレスが溜まりにくく、うまく発散できています。

このようなストレスを軽減できる行動というのは人によって違います。
サッカーや水泳などスポーツでアクティブに活動したい人もいれば、カフェなどで静かに本を読みたい人もいます。
また遊びや趣味だけではなくてマナー教室や英会話スクールに通ったりと自分の学びたいことに熱中することが
発散に繋がる人もいます。自分の性格やタイプにあったものを選ぶことが重要です。

そこで、色々な人のストレス発散方法を参考に自分にも合うものを見つけ出して見ましょう。
見つかるまではあれこれと取り組んで大変に思えますが、これも良い経験で人間関係を広げたり自分自身の新たな一面を知れたりといった良いきっかけにもなります。