ドイツ式!上手に手を抜いて生きる方法

日本人は勤勉で真面目すぎる

日本人は世界のいろいろな国で真面目、勤勉といったイメージを持たれています。
真面目で勤勉なことは決して悪いことではありません。
このような気質を持っているからこそ飛躍的な成長を遂げて今の日本ができています。

とはいえ、あまりにも真面目で勤勉に生きていると疲れることもあるものです。
そこで、ここでは上手に生きるためのコツとして少し手を抜く方法を紹介していきます。

ドイツ人の生活スタイル

ドイツ人の生活スタイルは日本人と似ていると言われることがありますが、そのようなことはありません。
ドイツ人は頑張らないところはとことん頑張らないことを徹底している上手な生活をしているのです。

例えば、日本人の場合家族から「今日の朝食は簡単なものでいいよ」と言われると食事のメニューを簡単にしていいと言われているのに何を用意すれば良いか迷ってしむものです。
簡単と言われつつも結局それなりに手間のかかるものを作ったということはよくあります。

しかし、ドイツ人は簡単なものでいいと言われれば本当に簡単なものを出してきます。
トーストもしていない生のパンを出してきたりすることはよくあることです。
これに対して言った本人も「簡単なものでいいとは言ったけどこれだけ?」ということは言わず「パンがあってよかった」という考え方をします。

ドイツ人は相手によく見られようという無理をあまりしない傾向があります。
日頃から飾らない自分を見せることに抵抗がないからこそ、自然体でいることができますし相手の言葉に対して鵜呑みにしてそのまま返すことができます。

完璧を求めない

ドイツ人は多くの場面で相手に完璧を求めないということです。
日本では、サービス業についている人は完璧なサービスを提供しなければならないという気持ちを持っています。
しかし、ドイツでは親切なサービスはあまり受けないと思っていた方が無難です。

注文したものと違うものが出てきたり、オーダーから出てくるまでかなり時間がかかったりすることは日常茶飯事のことです。
このようなことがあると、日本人なら「なぜ?」と疑問に思うものですし、クレームを出す人もいます。
しかし、ドイツ人はそこでいちいち怒る方が疲れると考えて相手に完璧を求めず「ここはそういうお店なんだ」と前向きに諦めてしまいます。

日常生活での友人関係でも同様です。
友人が遅刻したり約束を忘れたりしてもとがめることはありません。
お互いにそのようなスタンスを貫いて生活しています。

このようによく見られよう、頑張ろうということをしないことでドイツ人の中には無意識のうちに心が豊かに過ごせている人も多いです。
日常に疲れてきたら、ドイツ人を見習って時々手を抜いたり無理をしないようにしたりして生活をしてみましょう。